加工設備紹介

サンプル作成(CAD、カットマシーン)

お客様から頂いた箱のイメージを、営業と企画が協力し形にする行程です。

CADを利用して図面を起こし、カットマシーンに送り型紙のサンプルを作ります。サンプルは営業がお客様にフィードバックし、更にデザインを詰めていきます。

企画と加工ラインは連携しており、長年のノウハウが蓄積されているため、新たなアイデアが生まれ、お客様に提案できる行程でもあります。

印刷機(H-UV4色)

決定した図面から版を作り、箱となる紙に印刷します。


2019年、印刷機が新しくなりました。

オフセット印刷機からH-UV機へと移行しました。

新しい印刷機ではUVインキを使用するので、今まで問題の起きやすかった擦れ、裏付き等の

ラブルがなくなり、なにより速乾性があるので、次の加工に入りやすくなります。


自社で印刷することにより製品の納期短縮、コスト削減につなげています。

今まで同様に、単色からカラー印刷まで広いニーズに応えております。


打抜き機

印刷した紙を打抜き機に通して、箱の展開図通りの形に切り取る工程です。

決定した図面に従って作られた抜き型をセットし、一枚一枚型どおりに抜きます。

箱を作る紙は、型どおりに抜く作業とともに、折り曲げる線の罫線を付ける作業が同時に行われます。

サックマシーン

打抜いた紙を糊付けし成型する作業を行う工程です。

糊を正確に付着させ、寸法通りに紙を折り曲げ貼り付ける精密な作業となります。

マシーンの調整と整備にも技術が必要で、当社が長年蓄積してきた経験とノウハウが活用されています。

製函機

打抜いた紙を製函機に通し、組み立て、形にする作業を行う工程です。

その後ラインに流し、スタッフが仕切やトレイを入れたり、蓋をかぶせる作業を行います。

ラインに流れてくる際、汚れや折れがないか1つ1つ細かくチェックをしています。


TOPICS

2019/05/09

アイディア化粧箱 更新!!

お問合せ

株式会社 タナカ
■ 住所
神奈川県横浜市金沢区福浦2-1-14
■ 電話
045-784-5160
  ✉ メールでのお問い合わせ 

アクセスマップ